毎日のおかしで板チョコレートを完食

チョコレートの食べ過ぎによる弊害は虫歯だけじゃない!

チョコレートは、虫歯の原因となるだけでなく、歯の黄ばみを促進するって知っていましたか?
たとえば、毎日のおやつや食後のデザートに、スーパーやコンビニなどでよく販売されている板チョコレート1枚をペロリと完食する習慣がある人は、歯が黄ばむ可能性が高まります。どうしてもチョコレートをたくさん食べる習慣がやめられないのであれば、食べたあとには、できる限りきちんと歯磨きをすることで、歯の白さを保つことが可能です。ただし、外出先などで難しいときには、こまめに口をすすいだり、ガムをかむなどして、歯の黄ばみを最小限にとどめるような工夫をすることもできますね。

チョコレートで歯が黄ばむのは、そもそも何が原因?

チョコレートの原材料に欠かせないのが、茶色のカカオ豆から作られるカカオマスです。このカカオマスには、ポリフェノールの一種である「カカオマスポリフェノール」が含まれており、これが歯の黄ばみをつくる原因だと言われています。なぜなら、カカオマスポリフェノールの色素が歯に付着し、すみやかに歯磨きやうがいなどで取り除かなければ、色素沈着を起こしてしまうためです。
いったん色素沈着によって歯の黄ばみができると、20代から30代へと年齢が進むにつれて、落ちにくくなるとも言われています。また、チョコレートを同じようにたくさん食べていても、それぞれの唾液の量や性質、歯並びや歯の表面の質などによって、黄ばみやすい人とそうでない人がいるのも事実です。もし、歯が黄ばみやすいタイプであれば、ホワイトニング効果の高い歯磨き粉を使用したり、定期的に歯科医院でクリーニングを受けることも必要かもしれませんね。

高カカオのチョコレートは歯が黄ばみやすい?!

チョコレートといえば、ミルクチョコレートだけでなく、健康志向の方に人気がある高カカオのチョコレートも販売されていますよね。カカオの含有量がパーセントで表示されおり、ビターな味わいを好む方は、70%や80%といった高いパーセンテージのチョコレートを選ぶ傾向にあるようです。
ただ、高カカオのチョコレートには、カカオポリフェノールが通常よりも多く含まれているので、食べる量が少なめでも、歯の黄ばみを促進する可能性が高くなるということを、ぜひ知っておきたいものですね。